2014年10月24日

「二度と散らない ねがい桜」 未来に残す「希望の言葉 」

image.jpg

「二度と散らない ねがい桜」 未来に残す「希望の言葉」

陸前高田市 曹洞宗 海岸山 普門寺 本堂に18540花を奉納しよう。

東日本大震災では数多くの亡くなられた方、行方不明の方がおられます。その方々の御魂を桜に代え、もう二度と散ることのない花となって末代までも普門寺に奉納されます。

その「二度と散らない ねがい桜」の中には全国からいただいた「希望の言葉」を書いた「心紙」が入っております。

目標は亡くなられた方と行方不明の方 総数18540花です。

その「二度と散らない ねがい桜」への「希望の言葉」を地元陸前高田市の「幼稚園・小学校・中学校・高校・老人施設」「一般市民」の方々に書いていただき、普門寺へ奉納させていただきたいと思っております。

この「ねがい桜」は日本の工芸であります「つるし雛」に属し、世界一大きい「つるし雛」は現在新潟県十日町市内に展示してあります。

陸前高田市 曹洞宗 海岸山 普門寺 本堂に奉納される「二度と散らない ねがい桜」総数は18540花になり。ギネスブック新記録を達成します。惜しくも亡くなられた方や行方不明の方の御魂が桜となって、被災地陸前高田市からギネスブック新記録を樹立します。

陸前高田市の青少年や一般市民にこの「二度と散らない ねがい桜」へ未来に残す「希望の言葉」を書いていただき、被災地陸前高田市からギネスブック新記録を目指しましょう。

「二度と散らない ねがい桜」の中に「希望の言葉」を書いていただき、永遠に散ることのない「ねがい桜」となって、普門寺の本堂に奉納しましょう。

主催 陸前高田市商工会女性部

協力 NPO きものを着る習慣をつくる協議会・日本ねがい雛総本家 古都流

image.jpg

posted by 純庵(NPO法人きものを着る習慣をつくる協議会 理事長 中塚一雄) at 06:28 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407650977

この記事へのトラックバック